産業廃棄物の処理・リサイクル

Environmental Resources Development
環境資源開発事業

”静脈産業”の一員として
地球環境と産業発展の調和をめざす。

地球環境規模で環境保護が求められる今、増え続ける産業廃棄物の処理は、深刻な社会問題になっています。
一方、最終処分場の能力には限界があり、廃棄物の減量化が急がれるところです。
サニックスはこうした時代の要請に応えるため、 1994年に産業廃棄物処理事業に進出。
産業廃棄物の処理・リサイクルを行う、大規模なプラントを全国に展開しています。
これからは、廃棄物を資源としていかに再生していくかが重要なテーマになります。
サニックスは、環境を汚染しない高度な処理技術とリサイクル手法の開発に努め、産業活動・再資源化と美しい地球環境の調和にさらに貢献していきます。

廃プラスチックの燃料化・発電

産業廃棄物系プラスチックの燃料化リサイクルを行う工場を全国15箇所に展開。 当プラスチック燃料を使用する発電所を運営するとともに、製紙会社等へ燃料供給しています。 サーマルリサイクルの推進によって、化石燃料の消費を抑制し、資源循環型社会の構築に貢献します。

>(社)プラスチック循環利用協会「プラスチック情報局」の特集でとりあげられました。

  • 苫小牧発電所 2003年10月竣工
有機廃液の浄化処理

外食産業の店舗や食品・飲料工場などから排出される有機廃液の浄化処理体制を整えています。大量受け入れ、船舶での搬入も可能。処理工程で発生する脱水汚泥は、セメントや堆肥の原料として再利用されます。




  • ひびき工場 2000年3月稼動
廃プラスチックの処理・リサイクル/有機廃液の処理に関するお問い合わせ