株主・投資家の皆様へ

コーポレートガバナンス

これらのファイルは、PDF形式でご覧いただけます。
ご利用の際にはアドビシステムズ社のAdobe® Acrobat® Readerが必要です。
ダウンロード

コーポレートガバナンス報告書

2019/11/14コーポレートガバナンス報告書
2019/06/27コーポレートガバナンス報告書
2018/11/28コーポレートガバナンス報告書
2018/11/14コーポレートガバナンス報告書
2018/06/28コーポレートガバナンス報告書
2017/11/14コーポレートガバナンス報告書
2017/06/27コーポレートガバナンス報告書
2017/01/12コーポレートガバナンス報告書
2016/11/14コーポレートガバナンス報告書
2016/06/30コーポレートガバナンス報告書
2015/12/01コーポレートガバナンス報告書
2015/06/30コーポレートガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、コーポレートガバナンスは企業理念に基づく社会的責任をもった経営のあり方を問われている重大な問題であるという認識のもと、企業価値の最大化、ならびに株主重視の経営を行うべく、意思決定の効率化、経営の監督昨日、経営の公正性および透明性、コンプライアンス遵守等が十分機能する体制の構築を図るとともに、長期的な視点に基づいたコーポレートガバナンス体制を構築してまいります。

コーポレートガバナンス基本方針:2019年6月27日改訂

会社の機関の基本説明

当社は、2019年6月27日開催の第41回定時株主総会の決議により監査等委員会設置会社に移行いたしました。監査等委員会は、原則毎月1回以上開催し、内部監査部門からの方向、監査等委員からの報告等に基づく監査・監督に関する必要事項の審議等を行ってまいります。
また、業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性を確保することを目的として、内部統制委員会を設置するとともに、コンプライアンスの推進及び業務運営の適正化を図るため、コンプライアンス委員会を設置し、リスク管理体制の充実を図っております。

コーポレート・ガバナンス模式図

コーポレート・ガバナンス模試図

リスクの管理体制の整備の状況

当社のリスク管理体制は、コンプライアンスに準拠した事業展開を行うことを目的として、「法務部」を設置しており、トラブル等の未然防止に対する啓蒙や、万が一トラブルが起きた場合に適切かつ早期解決ができる体制としております。

また、お客様の相談等の窓口として「お客様相談室」を設置しており、依頼や問い合わせ、或いは苦情等に迅速かつ適切に対応できる組織体制としております。その他、法律面での機能を持たせるため、顧問弁護士の助言を受けております。

監査等委員会、内部監査及び、会計監査の状況

監査等委員は、経営会議等重要な会議に出席することで収集した各種情報を監査等委員会で共有することにより、取締役の職務遂行を監査・監督することとしております。また、会計監査人と緊密な意見交換を行う予定であり、内部監査及び内部統制関連部署とは、そのレポートラインに監査等委員会を加えることにより連携を密にし、適時 ・適切な監査・監督を実施してまいります。
内部監査については、各部門及び各事業所における業務に関して監査を行う組織として社長直轄の「内部監査室」を設置し、会社が定める規定等の遵守状況や業務全般に関して妥当性、有効性、適法性について監査し、取締役社長及び監査等委員会に報告するとともに、随時関係部門に勧告、是正指導等を実施してまいります。

社外役員の状況

当社の社外役員選任の考え方は、重要な人的関係、資本的関係及び取引関係がないことを独立性の方針とし、その中で中立の客観的見地から当社経営陣に対し経営監視機能を果たせること、また当社の企業理念や企業活動を熟知し、経営者として十分な経験による見識を持ち合わせていることを選任の基本的な方針としております。