ご存知ですか?太陽光発電・蓄電池

太陽光発電システムとは

太陽光発電システムは、住宅の屋根などに太陽電池を設置し、
太陽の光をエネルギーに変えて家庭内で使う電気をつくる発電システムです。

太陽光で発電した電気は、優先的に家庭内で使用し、電力会社からの電気使用量を減らします。太陽光発電で家庭内の電気をまかなえない場合は、通常通り電気を使いますが、発電量が家庭での電気使用量を上回った場合、余った電気は自動的に電力会社に売却します。

つまり、わが家でつくった電気を使って電気代を節約でき、余った電気を電力会社に売って売電収入も得られる、「家計にうれしい」発電です。

また、災害時などの停電時には、太陽の光さえあれば、非常用電気としても使え、安心です。

さらに、太陽光発電システムは発電時にCO2などを出さないため、
地球環境にやさしいクリーンな発電として注目されています。
太陽光発電導入について、補助金制度を設けている自治体もあります。

曇りや雨の日は、発電量が少なくなるため、売る電気の量は減り、
太陽光発電でまかなえない場合は、電力会社から買うことになります。

    
  • 産業用太陽光発電はこちら
  • 固定価格買取制度
  • サニックスソーラーパークむなかた