トップメッセージ

環境というアプローチの先にたどり着いたエネルギー問題へのソリューション

サニテーション ─ 当社創業者の宗政伸一が、衛生管理を意味するこの言葉に可能性を感じ、ビジネスとして取り組んだのが1975年(昭和50年)。当時わが国にはまだ、衛生管理をプロの手にゆだねるという発想はなく、何もかもゼロからのスタートでした。以来、時代のニーズを先取りし、次世代へ快適な環境を残すためにあらゆる事業を進めてまいりました。

独自の技術と商品の開発、現状の調査から対策プランの立案、施工、アフターメンテナンスまでを一貫してご提供するシステムの確立によって順調に成長し、衛生管理から産業廃棄物処理、そしてクリーンエネルギーの創造へと、事業領域を広げてまいりました。これは、環境保全とエネルギー供給の両立を図るべく取り組んできたことが、多くのお客様にご理解いただけたからに他なりません。

資源の枯渇・大量消費に起因する昨今のエネルギー問題は、東日本大震災以降、さらに深刻さを増しています。「次世代へ快適な環境を」という企業理念の具現化には、「再生可能エネルギー」と、「廃棄物を確実に処理して地球に還す静脈産業」の二つを推進することが不可欠であると考えます。

サニックスはこうした視点に立ち、高度な専門知識をもつ人材の育成と技術革新、付加価値の高いサービスの開発に努め、次世代の快適な環境づくりに貢献してまいります。なお一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長