株式会社サニックス
地球にやさしいエネルギー、いいものをより安く サニックスの太陽光発電
  • 会社概要
  • 個人情報について
  • 特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針
  • よくあるご質問

太陽光発電をより安く。サニックスは地球と家計にやさしいエネルギーをご提供します。3.5kW 100万円

知っていますか?太陽光発電|これから太陽光発電システムを導入しようとお考えの方のためのチェックリスト!

  • 太陽光発電って?
  • 発電量シュミレーション
  • よくあるご質問

サニックスが選ばれる理由|1.いいものをより安く! 2.圧倒的な施工実績数! 3.エコに本気です!

  • どれくらい電気代がやすくなるの?
  • 売電について詳しく知りたい!
  • 補助金の金額を調べたい!

導入メリット|お父さん、お母さんに“ウレシイ”メリットがいっぱいです。

  • 製品ラインナップ
  • サポート体制も万全です
  • 設置されたお客様の声

無料調査申込やお問い合わせはこちらから 通話料無料 0120-39-3290

無料調査申込やお問い合わせはこちらから 通話料無料 0120-39-3290

産業用太陽光発電の簡易見積り申し込みはこちらから


産業用太陽光発電はこちら

新着情報|INFORMATION

2016/4/15
震災で破壊された太陽電池パネルの取り扱いにご注意ください。
熊本地方を中心とした地震の被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
破壊された太陽光発電設備には、感電の恐れがありますので、触れないようにご注意ください。 詳しくは「震災で破壊された太陽電池パネルの取り扱い上の注意」(太陽光発電協会)にてご確認ください。
2016/3/22
平成28年度の買取価格が決定しました。
 平成28年度の再生可能エネルギーの買取価格が発表されました。
2月に発表された案どおり、太陽光発電での10kW以上の設備では24円/kWh(税抜)、10kW未満の設備では、出力制御対応機器設置義務なしの場合31円/kWh(内税)・設置義務ありの場合33円/kWh(内税)とされています。
 ⇒詳しくは、「再生可能エネルギーの平成28年度の買取価格・賦課金単価を決定しました(資源エネルギー庁リリース)」にて、ご確認ください。
2016/2/23
来年度の買取価格案が発表されました。
2月22日の調達価格等算定員会(経済産業省)にて、来年度の再生可能エネルギーの買取価格について、委員長案が発表されました。
太陽光発電では、10kW以上の設備では24円/kWh(税抜)、10kW未満の設備=出力制御対応機器設置義務なしの場合31円/kWh(内税)・設置義務ありの場合33円/kWh(内税)とされています。
今年度内に、正式に大臣決定されます。
⇒詳しくは、「平成28年度調達価格及び調達期間に関する意見(案)」、
平成28年度調達価格及び調達期間についての委員長案」(第22回調達価格等算定委員会 配布資料より)にて、ご確認ください。
2015/11/30
27年度中の設備認定について(再生可能エネルギー固定価格買取制度)
 資源エネルギー庁より、今年度中に認定または変更認定を受けることを希望する場合は、申請書類を平成28年1月29日(金)(バイオマスは平成27年12月28日(月))までに到達するように提出する必要があると、注意喚起されております。
 該当の方は、ご注意ください。
 ⇒詳しくは、資源エネルギー庁発表「平成27年度中の設備認定について(注意喚起)」をご覧ください。
2015/9/11
太陽光発電システムが水害被害を受けた場合の対処について
 今回の水害被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
水没・浸水した太陽光発電設備には感電の恐れがありますので、近づいたり触れたりしないでください。
 詳しくは「太陽光発電設備が水害により被害を受けた場合の対処について」(太陽光発電協会)にてご確認ください。
2015/3/20
来年度の買取価格が決定しました。
3月19日、平成27年度の再生可能エネルギーの買取価格・賦課金が発表されました。
2月に発表された案のとおり、太陽光発電では、10kW以上の設備=4月~6月が29円/kWh(税抜)・7月~3月が27円/kWh(税抜)、 10kW未満の設備=出力制御対応機器設置なしの場合33円/kWh(内税)・設置ありの場合35円/kWh(内税)となります。
⇒詳しくは、こちら(資源エネルギー庁リリース)にて、ご確認ください。
2015/2/25
来年度の買取価格案が発表されました。
2月24日の調達価格等算定員会(経済産業省)にて、来年度の再生可能エネルギーの買取価格について、委員長案が発表されました。
太陽光発電では、10kW以上の設備=4月~6月が29円/kWh(税抜)・7月~3月が27円/kWh(税抜)、 10kW未満の設備=出力制御対応機器設置なしの場合33円/kWh(内税)・設置ありの場合35円/kWh(内税)とされています。
今年度内に、正式に大臣決定されます。
⇒詳しくは、こちら(第19回調達価格等算定員会配布資料)にて、ご確認ください。
2015/1/22
「再エネ特措法」の改正について
経済産業省より、「再生可能エネルギー特別措置法施行規則の一部を改正する省令と関連告示」が公布されました。1月26日に施行予定です。
⇒詳しくは、経済産業省資源エネルギー庁発表(H27.1.22)にて、ご確認ください。
2015/1/19
太陽光発電の設備認定(今年度買取価格適用)の申請はお早めに
経済産業省より、「平成26年度中に認定又は変更認定を受けることを希望する方は、申請書類を平成27年1月30日(金)までに到達するよう提出してください」とのお知らせが出ております。
今年度中に設備認定等を受けることを検討している方(今年度の買取価格の適用を受けたい方)は、お急ぎください。
⇒詳しくは、「平成26年度の固定価格買取制度に係る設備認定及び設備認定の運用見直しについて(改定版)」(H26.12.19,H27.1.22改定/経済産業省資源エネルギー庁)にて、ご確認ください。
2014/10/21
住宅用太陽光発電は、通常通りのスケジュールで接続可能
一部の電力会社(下記参照)において、「再生可能エネルギー発電設備の接続申込みへの回答を一時保留にする」等の発表がなされましたが、沖縄電力を除き、住宅用(10kW未満)のシステムについては、回答保留の対象外となっております(東北電力については、50kW未満(低圧)が対象外)。
⇒電力会社の発表内容は、下記をご参照ください。
  九州電力(9/24発表)・一部解除(10/21発表) / 沖縄電力 /  四国電力 /
  東北電力 /  北海道電力
2014/3/31
来年度の買取価格が決定しました。
来年度の再生可能エネルギーの買取価格について、太陽光発電では、10kW以上の設備が32円/kWh(税抜)、10kW未満の設備が37円/kWh(内税)と発表されました。
なお、10kW未満のダブル発電(自家発電装置を併設する場合)については、30円/kWh(内税)です。
⇒詳しくは、こちら(経済産業省資源サイト)にて。
2014/3/7
来年度の買取価格案が固まりました。
3月7日の調達価格等算定員会(経済産業省)にて、来年度の再生可能エネルギーの買取価格について、太陽光発電では、10kW以上の設備を32円/kWh(税抜)、10kW未満の設備を37円/kWh(内税)とする価格案が固まりました。
パブリックコメント(意見)募集の後、3月中に、正式に大臣決定されます。
⇒詳しくは、こちら(経済産業省資源エネルギー庁サイト)にて。
2014/2/15
太陽光発電の設備認定(今年度買取価格適用)の申請はお早めに
2月14日、経済産業省より、「2月28日を超えて申請書類が提出された案件については、年度内での認定作業は事実上困難となります」とのお知らせが出ております。
今年度中に設備認定を受けることを検討している方(今年度の買取価格の適用を受けたい方)は、お急ぎください。
⇒詳しくは、「なっとく!再生可能エネルギー」(経済産業省資源エネルギー庁サイト)にて。
2013/3/29
平成25年度の再生可能エネルギーの買取価格・賦課金が発表されました。
来年度の太陽光発電の買取価格・期間は、10kW未満の設備が38円/kWh・10年、10kW以上の設備が税込37.8円/kWh・20年に決定しました。
⇒詳しくはニュースリリースにて。
2013/3/15
平成25年度の住宅用太陽光発電導入支援補助金の概要が発表されました。
来年度の住宅用太陽光発電(10kW未満)の補助金(国)は、システム価格が50万円/kW以下のものが1万5000円/kW、同41万円/kW以下のものが2万円/kWとなります。
受付は、平成25年4月17日(水)開始の予定です。
⇒詳しくは太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)ホームページにて。
2013/3/12
平成25年度の買取価格案が決定しました。
3月11日開催の第11回調達価格等算定委員会にて、来年度の買取価格の委員長案が取りまとめられました。太陽光発電については、10kW未満の設備は38円/kWh・10年、10kW以上の設備は37.8円/kWh(税込)・20年と、今年度より約1割減となっています。意見公募の後、今月中に正式決定されます。
平成25年度調達価格及び調達期間についての委員長案 はこちら。
資源エネルギー庁パブリックコメント受付(平成25年3月12日~同22日)はこちら。
2013/2/24
平成24年度の買取価格適用について
今年度の買取価格適用に関わる、経済産業省及び電力会社からの発表です。
【ご参考】
資源エネルギー庁<平成24年度の買取価格の適用関係について>
2012/12/21
現在の買取価格適用には、今年度中の手続きが必要です。
買取価格・期間は、年度ごとに見直されます。現在の価格(税込42円/kWh・10kW未満=10年/10kW以上=20年)適用のためには、今年度中に所定の手続きを済ませる必要がありますので、ご注意ください。
【ご参考】
資源エネルギー庁-平成24年度の買取価格の適用関係に関する注意点を掲載しました。ご確認ください。(H24.12.18)
2012/10/24
大規模太陽光発電所「サニックスソーラーパークむなかた」建設へ
当社は、福岡県宗像市及び学校法人中村産業学園(九州産業大学・九州造形短期大学)と相互協力し、大規模太陽光発電事業を実施することを決定しました。
⇒詳しくはリーリース文にて。 / 三者による協定書締結式の様子はこちら。
2012/06/18
7月以降の買取価格が正式決定しました
再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく、買取(売電)価格や期間等の詳細が決定しました。今年度(平成24年7月~平成25年3月)の買取は、10kW未満のシステムは42円/kWh・10年(自家発電装置を併設している場合は34円/kWh・10年)の余剰電力買取と、現行制度と同じです。なお、10kW以上のシステムは税込42円/kWh(税抜き40円/kWh)・20年となります。
⇒詳しくは経済産業省資源エネルギー庁「なっとく!再生可能エネルギー」にて。
2012/04/19
平成24年度の国の補助金の詳細が発表されました
住宅用太陽光発電(10kW未満)の設置に対して、システム価格55万円/kW以下のものに3万円/kW、システム価格47万5000円/kW以下のものに3万5000円/kWが補助されます。
受付期間は、平成24年4月19日(木)~ 平成25年3月29日(金)(消印有効)です。
⇒詳しくは太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)ホームページにて。
2012/03/31
平成24年度の国の補助金の概要が発表されました
住宅用太陽光発電(10kW未満)の設置に対して、システム価格55万円/kW以下のものに3万円/kW、システム価格47万5000円/kW以下のものに3万5000円/kWが補助されます。なお、募集開始日等の詳細は、後日発表される予定です。
⇒詳しくは太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)ホームページにて。
2012/03/01
平成24年4月~6月の余剰電力買取価格が42円/kWhに決定
今年4月~6月は、平成23年度の買取価格が延長適用されることとなりました。
⇒詳しくは資源エネルギー庁ホームページにて。
2012/01/13
被災地支援施設建設プロジェクトに協賛
岩手県盛岡市が行う「沿岸被災地復興支援」のシンボルとして、大槌町等の仮設住宅敷地内に環境配慮型のミニ集会所が建設されました(平成23年12月完成)。当社も「エコハウスおおつち」(大槌町)において、蓄電機能付きの太陽光発電システムの提供、設計・施工に携わらせていただきました。
⇒詳しくは盛岡市ホームページにて。
2011/12/15
太陽光発電システム「ご紹介キャンペーン」実施中
太陽光発電システムのお見積りをご依頼くださる方を、ご紹介ください。商品券を進呈いたします(平成24年3月ご契約分まで)。詳しくは、お近くの支店・営業所または、フリーダイヤル0120-39-3290までお問い合わせください。
2011/11/25
平成23年度補正予算分補助金の受付を11月25日から開始(J-PEC)
国の補助金(補正予算分)の募集が開始されました(平成23年度住宅用太陽光発電導入支援復興対策事業)。補助金額は本予算分と同額の4万8000円/kW、募集期間は平成23年11月25日~平成24年3月30日です。詳しくはJ-PECホームページにて、ご確認ください。
2011/11/5
住宅用太陽光発電システムに対する補助制度の今後の申込み手続きについて(J-PEC)
国の補助金は、11月1日の申し込みで当初予算の財源を超えており、追加資金を補正予算に盛り込む方向で進められています。 当初予算終了後の申し込み案件については、自動的に補正予算による対応に移行される予定です。移行期の受理手続き等、詳しくはJ-PECホームページにて、ご確認ください。
2011/10/19
情報誌『DIME』に、当社太陽光発電システムが掲載されました
小学館のトレンド情報誌『DIME』(10月18日発行)の特集にて、当社を含む7社の太陽光発電システムが比較紹介されました。「東京・目黒区にて一軒家の南向きの屋根に約3kWのパネルを設置」する場合の発電量・価格・重量・設置面積等が比較されています。
「いいものをより安く」のサニックス太陽光発電システムを、他社との比較でお確かめください。
《掲載企業》パナソニック電工、京セラ、シャープ、東芝、三菱電機、ホンダソルテック、サニツクス
2011/10/14
簡易シミュレーションを更新しました。
どれだけ発電して、どれだけ経済メリットが見込めるか、地域と電気代(または電気使用量)の入力だけで簡単にシミュレーションできます(南面、傾斜30度の屋根に、3.76kWのシステムを設置した場合)。
どうぞご利用ください。
2011/10/09
補助金検索ページを更新しました。
2011/08/07
KBC九州朝日放送「アサデス。」番組企画に、当社太陽電池モジュール使用
「めざせ源流 143㎞!筑後川をさかのぼる男」(8月6日放送)。 8時間半の生放送中に、九州最大の大河「筑後川」をソーラーボートでさかのぼるという壮大な番組企画に、技術協力させていただきました。 ソーラーボートのバッテリー充電用として、サニックスの太陽電池パネルを搭載した「ソーラー発電車」が出動しました。
2011/06/21
情報誌『DIME』に掲載
小学館のトレンド情報誌『DIME』(6月21日発行)の特集企画において、主要10社の太陽光発電システムが紹介されました。
《掲載企業》カネカ、京セラ、サニツクス、サンテックパワージャパン、シャープ、ソーラーフロンティア、東芝、パナソニック電工、ホンダソルテック、三菱電機
2011/03/30
平成23年度 国の太陽光発電の補助金は4.8万円/kW
平成23年の国の住宅用太陽光発電向け補助金額は、システム容量1kWあたり4.8万円(システム価格が税抜60万円/kW以下のものに限る)と発表されました。
詳しくは、太陽光普及拡大センター(J-PEC)のホームページにてご確認ください。
2011/03/30
来年度の売買価格が決定
太陽光発電の余剰電力買取制度について、平成23年度に太陽光を導入した場合の買取価格が、住宅用(10kW未満)42円/kWh、住宅用(10kW以上)及び非住宅用40円/kWh等に決定されました。
詳しくは、経済産業省資源エネルギー庁の買取制度ポータルサイトにてご確認ください。

停電時の太陽光発電の使い方

太陽光発電の余剰電力買取制度太陽光発電普及拡大センター
お問い合わせ 公共・産業用太陽光発電システムはこちら! 製品ラインアップ(価格)