SANIX for sanitary amenity

株式会社サニックス
地球にやさしいエネルギー、いいものをより安く サニックスの太陽光発電

無料調査申込やお問い合わせはこちらから 通話料無料 0120-39-3290

  • 会社概要
  • 個人情報について
  • 特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針
  • よくあるご質問

HOME知っていますか?太陽光発電|太陽光発電って? > 太陽電池の仕組み

太陽光発電って?

太陽電池の仕組み

太陽光発電システムの中心になっているのが、太陽電池です。
太陽電池は、様々な電子機器で使われている「半導体」で構成されており、半導体に太陽の光があたることで発電します。

現在最も多く使われているシリコン系太陽電池は、電気的な性質の異なるp型とn型の2種類の半導体を重ね合わせた
構造をしています。

太陽電池セル(太陽電池の基本単位)に太陽光があたると、太陽電池の中に電子(-の電気的性質をもつ)と正孔(+の電気的性質をもつ)が発生し、電子(-)はn型側に正孔(+)はp型側に引き寄せられます。
そこで、それぞれ(-)(+)の性質を帯びたn型とp型の両極板に電線をつなげば、電力を取り出すことができるのです(下図参照)。

簡単にいえば、太陽電池とは、「半導体を利用して、太陽の光エネルギーを直接電力に変えるための装置」 といえるでしょう。
なお、太陽電池に電気を貯める機能はありません。

仕組みの図

無料調査申込やお問い合わせはこちらから 通話料無料 0120-39-3290