SANIX FOR SANITARY AMENITY サニックスTOPページへ
文字サイズ変更
 
 


湿気は人の健康に深いかかわりが
昔の家と今の家、くらべてみれば
こんなに寿命が短い日本の家
住まいのメンテナンスで50年60年住める家に
長持ちする家は、地震に強い家でもある
家の健康のツボ、それは湿気対策
床下の換気をすれば木はこんなに強い
マイホームカラッと作戦

長持ちする家は、地震に強い家でもある
家の老化は建てたときから始まっている。
最初から弱い家はまずありません。しかし、いつまでもその状態が維持できるわけではありません。 家の老化は、建てたその日からすでに始まっているのです。
「悪くなったら修理しよう」では、すまされません。
あなたが健康維持のため、定期検診を受けるように、住まいにも定期的なメンテナンスが必要なのです。


湿気対策は、地震対策の重要ポイント。
阪神大震災で崩壊した家の大半が、老朽化した木造住宅でした。しかも、原因の多くは床下の腐朽。床下の土台や柱の部分が腐ってしまっているので、基礎は残っていても建物が落ちてしまった、という家が多くありました。木の腐朽による住まいの老朽化は、地震が起こった時にあわてても手遅れです。
家の腐朽を防ぐ湿気対策は、地震による住まいの災害を防ぐためにも大切なポイントです。日頃から床下メンテナンスで、いざというときに備えましょう。
建てた時の強さを保てば、地震に強い家に

人を守ってくれるはずの家が・・・。
右のグラフを見てみると、シロアリの被害や床下の腐朽の影響で、家の耐震性が大きく左右されることがひと目でわかります。
本来、風雨などから人を守るためにある家なのに、地震が発生したと き人を傷つけてしまう凶器になってしまうことも。家のメンテナンスの大切さをご家族で話し合われてはいかがですか。
腐朽や蟻害と住宅の被害

ページの先頭へ
Copyright(C) 2008 SANIX INCORPORATED All rights reserved.