SANIX FOR SANITARY AMENITY サニックスTOPページへ
文字サイズ変更
 
 


湿気は人の健康に深いかかわりが
昔の家と今の家、くらべてみれば
こんなに寿命が短い日本の家
住まいのメンテナンスで50年60年住める家に
長持ちする家は、地震に強い家でもある
家の健康のツボ、それは湿気対策
床下の換気をすれば木はこんなに強い
マイホームカラッと作戦

住まいのメンテナンスで50年、60年住める家に
欧米では常識です!住まいのメンテナンス。
家自体に価値を置く欧米では、住まいのメンテナンスはほとんど常識。生活のなかに溶け込んでいて、かかる費用も光熱費などと同じに、当然のものと考えられています。 これに対し、日本では家を長持ちさせる価値観さえ、近年になって大切にされてきた考え方です。
資源が豊富で、給料アップが約束されていた高度成長が鈍化し、地球環境問題がクローズアップされた今、それはもう許されないことです。日本の家もメンテナンスの時代到来!生活の知恵として、家を長持ちさせることが重要でしょう。


日本では、湿気の管理がポイントです。
日本の家も、これからは家自体が価値を持つ時代です。湿気による木材の腐朽、シロアリなどの発生、家の耐久性を低下させる要因はいろいろありますが、すべて防げることなのです。床下などの見えない部分にしっかりメンテナンスを施すことで、100年住める家も夢じゃありません!住まいへの思いやりで、寿命の長い快適で健康的な家をつくりましょう。

木材腐朽、シロアリ被害に根本対策を!
湿気による木材腐朽とシロアリ被害は、家の耐久性を低下させる二大要因です。木材を腐朽する微生物は、湿気が多いほど活発に繁殖します。シロアリは、湿った木材を好み、ジメジメした環境に住みつきます。いくら徹底的にシロアリ消毒をしたとしても、根本原因である"床下の湿気対策"を行わなければ、やがて再発する可能性があります。床下から湿気を追い出すことは、木材腐朽とシロアリ被害の予防につながるのです。

ページの先頭へ
Copyright(C) 2008 SANIX INCORPORATED All rights reserved.