シロアリ防除:建物のメンテナンス

SANIX FOR SANITARY AMENITY 株式会社サニックス
お問い合わせ
建物のメンテナンス
太陽光発電のサニックストップページ建物のメンテナンス > シロアリ防除
文字サイズ変更
 
 
戸建住宅向けサービス
シロアリ防除 換気システム 基礎補修工事 家屋補強システム 耐震改修システム リニューアル(リフォーム) その他、戸建て向け
環境改善商品

事業所向けサービス
事業所向け衛生管理等

調査申込、お問い合わせはこちらから

シロアリってどんな虫?
マイホーム長生きの秘訣
害虫対策

シロアリの徹底的な調査・予防・駆除によって、大きな信頼をいただいています。
住まいの安全は、サニックスにおまかせください!
サニックスには、約80万戸の施工実績と経験があります。
保証・アフターサービスも万全です。

シロアリ防除の要注意ポイント
一生の財産ともいえる住宅に被害を与え、財産価値を減少させるシロアリの恐怖。
シロアリは住まいのどこを好み、侵食を開始するのでしょうか?
湿気の近くにシロアリあり?!
よく水を使い湿気が多く、風通しの悪い場所は、シロアリ発生の要注意ポイントです。

シロアリの出現ポイント
1浴室 2.トイレ/洗面所
お湯を使うため冬でも暖かく換気も不十分。 浴室に隣接し、湿気が多く、風通しが悪い。
3.台所 4.玄関
毎日水を使い、湿気が絶えない。 汚れをよく水で流し洗いする。
シロアリってどんあ虫?詳しくはコチラから

シロアリの危険信号
羽アリが群れて飛び出す
羽アリシロアリは、集団が大きくなると巣分れを開始、春から夏にかけて羽アリが群れて飛び出します。羽アリの数が多いと、比例して加害力も大きくなります。羽アリを見かけたら、群れの大きさ、飛び出す穴の位置を確認しましょう。

トンネル状の通路をつくる
空中蟻道シロアリは、体液の発散を防ぐために風や光を嫌います。風や光から身を守るため、排泄物と土砂を練り合わせたトンネル(蟻道)を作り移動します。シロアリは、この蟻道を通って、土中の巣から建物に侵入してきます。
基礎コンクリートなどの表面に土のトンネルを発見したら要チェックです。

柱などの隙間を土で埋める
木材隙間の蟻土シロアリは、風や光を避けるため、木材の割れ目、すき間などに、土を詰めます(蟻土)。
この土も見逃せないチェックポイントです。

木材の中を空洞にする
木材がシロアリに食い荒らされ、被害が進むと、表面には現われなくても内部が大きな空洞になります。柱などをたたいてみて、ポコポコという空洞音が聞こえる場合は危険信号です。

住まいの各所に狂いが出る
ふすまやドアがスムーズに開け閉めできない。床がだんだん沈んできた場合は危険信号。

シロアリの防除方法
実践と経験で得た専門技術で防除します。
万一に備えた5年間保証です。
土壌処理
土壌中から建物に侵入してくるシロアリを阻止するため、床下土壌やコンクリート下の土壌(タタキ)に薬剤処理を行います。
土壌処理
床下土壌全面、基礎、束石に、薬剤を散布します。
※井戸・池から5メートルの範囲内は粒状の薬剤を散布します。
タタキ穿孔(せんこう)注入処理
浴室、玄関、勝手口、トイレ(埋め込みの場合のみ)の床タイルの壁沿いに数ヵ所、ドリルで穴を開け、薬剤を注入します。
※井戸・池が7メートル以内にある場合は、床タイルに穴を開けません。
※タイル目地に開けた穴は、セメントで補修し、水漏れのないようにします。

木部処理
シロアリによる木材への加害を防止するため、床下木部や外周り木部に薬剤処理を行います。

木部穿孔注入処理
床下土台の継ぎ手、土台と大引・柱の接合部分にドリルで穴を開け、薬剤を注入します。 注入後は、木栓で穴をふさぎます。
木部表面吹付処理
床下土台、束柱、柱の、床下から吹き付けできる範囲すべてと、大引の一部(土台との接合部分、束柱との接合部分)に、薬剤の吹き付けをします。

アフターサービス
5年間、1000万円の充実保証
  • 万が一、施工した建物にシロアリの生息を当社にて確認した場合は、
    @無料で消毒、A修復が必要な損傷箇所に限り、1000万円を限度として修復いたします。
  • 年1回の定期点検実施(保証期間中)。


ページトップへ

Copyright (c) SANIX INCORPORATED. All Rights Reserved