基礎補修工事:建物のメンテナンス

SANIX FOR SANITARY AMENITY 株式会社サニックス
お問い合わせ
建物のメンテナンス
太陽光発電のサニックストップページ建物のメンテナンス > 基礎補修工事
文字サイズ変更
 
 
建物のメンテナンス
シロアリ防除 換気システム 基礎補修工事 家屋補強システム 耐震改修システム リニューアル(リフォーム) その他、戸建て向け
環境改善商品
事業所向け衛生管理等

調査申込、お問い合わせはこちらから

シロアリってどんな虫?
マイホーム長生きの秘訣

基礎補修工事

サニックス基礎補修工事 ひび割れがさらに大きくなることや、新たなひび割れの発生を抑えます。

基礎のひび割れは、家屋の耐久力低下につながります。

・鉄筋コンクリートの場合
基礎にひび割れが生じると、ひび割れ部から炭酸ガス(二酸化炭素)や水分が基礎内部に入り込み、鉄筋が錆びる可能性があります。鉄筋が錆びると膨張し、基礎内部から壊される危険があります。

・無筋コンクリートの場合
地震時にはひび割れ部分から基礎が破壊される恐れがあり、家屋構造の性能を発揮できない場合があります。

サニックス基礎補修工事は、アラミド繊維シートとエポキシ樹脂を使用し、基礎を補修するとともに、今あるひび割れがさらに大きくなることや、新たなひび割れの発生を抑えるものです(ひび割れが全く発生しないものではありません)。

工事の概要(流れ)
<施工範囲>・ひび割れ部分 ・外周の基礎の全面(床下側)
ひび割れ部分は、充填剤で補修した後、アラミド繊維シートを貼り、エポキシ樹脂を塗ります。
外周の基礎の全面(床下側)には、上部のみアラミド繊維シートを貼り、全面にエポキシ樹脂を塗ります。

施工手順(ひび割れ部分)
基礎のひび割れ 下塗り アラミド繊維シート貼り付け(1枚目)
アラミド繊維シート貼り付け(全面) 上塗り 仕上がり

施工手順(外周基礎)
アラミド繊維シート貼り付け 上塗り 仕上がり

補修材について

施工対象外の家屋
基礎にひび割れが発生している家屋を対象とした商品です。なお、次のような家屋は、施工対象外です。

・築10年以下で、住宅性能評価書等のある家屋
・耐震保証及び、他社の金物補強施工のある家屋
・当商品の効果が見込めないほどの大きなひび割れのある家屋
・外周基礎が、ブロック基礎の家屋
など

再施工保証制度
<5年間の再施工保証>
万が一、当社にて施工箇所に、損傷(変色は除く)が認められた場合は、無料にて再施工します。

ページトップへ

Copyright (c) SANIX INCORPORATED. All Rights Reserved