新しい買取制度

SANIX 株式会社サニックス
お問い合わせ
改正FIT
太陽光発電のサニックストップページ新しい買取制度よくあるご質問
文字サイズ変更
 
 
改正FIT法 新しい固定価格買取制度
事業計画書について 標識・フェンス・保守点検について よくあるご質問 リンク集(資源エネルギー庁)
記入例・様式はこちらから

FIT法改正で買取制度が新しくなりました。

よくある質問

誰が事業計画を出さなければいけないのですか?
事業計画書とは何ですか?
事業計画書の提出は、いつまでに、どうすればいいのですか?
事業計画書提出時に必要な書類は何ですか?
接続の同意を証する書類とは何ですか?
事業計画書を提出しなかったら、どうなりますか?
運転開始期限とは何ですか?
運転開始とは何ですか?
事業区域の面積とは何ですか?
改正FIT法で、発電事業者に発生する義務は何ですか?

誰が事業計画を出さなければいけないのですか?
A.
@ 平成29年3月31日時点で発電事業の運転を開始している方。
A 平成29年3月31日時点で運転を開始していないが、設備認定を取得済み、接続契約締結済みの方。
10kW未満(住宅用)・10kW以上(産業用)関係なく、上記@とAを「みなし認定事業者」と言います。
「みなし認定事業者」が、「事業計画書提出の対象」です。


ページトップへ

事業計画書とは何ですか?
A. 新制度へ移行するため作成・提出する書類です。
旧FIT制度開始後、平成24年7月から平成29年3月31日までに認定を受け、接続契約を締結した方は、既に売電している方も含めて、すべての方が提出対象になります。

ページトップへ

事業計画書の提出は、いつまでに、どうすればいいのですか?
A. 所定の様式に記入して作成後、下記のあて先に送ります。 >様式・記入例はこちら
平成24年7月1日以降に設備IDを取得した方は、平成29年9月30日までに提出しなければなりません。

【あて先】
〒273-0011
千葉県船橋市湊町2-6-33 NTT船橋湊ビル2階
「再生可能エネルギー新制度移行手続代行センター」宛て
<お問合わせ先>
0570-059-555 [受付時間]9:00〜18:00(土日祝、年末年始を除く)

なお、お客様が自ら設備認定の登録をなされた場合は、その際に付与された「登録者ID」を使って、電子申請(インターネットでの申請)が可能です。
 >電子申請の手続き方法(資源エネルギー庁サイト)はこちら

ただし、当社がお客様に代行して設備認定の登録をした場合、当社に付与された登録者IDに関しては、ご提供いたしかねますため、紙(様式)で提出いただくこととなります。あらかじめご了承ください。
※これに連なる他のお客様の個人情報保護のため。
【紙での申請についてご参考】
 >紙での申請手続き方法(サニックスホームページ)はこちら
 >紙での申請手続き方法(資源エネルギー庁サイト)はこちら

ページトップへ

事業計画書提出時に必要な書類は何ですか?
A. @ 事業計画書
A 設置事業者の印鑑証明書
B 代行提出依頼書
C 接続の同意を証する書類の写し(平成29年3月31日時点で運転を開始していない場合のみ)

●作成例がありますので参考にしてください。>様式・記入例はこちら
●お客様が自ら設備認定の登録をなされた場合は、その際に付与された「登録者ID」を使って、電子申請(インターネットでの申請)が可能です。ただし、 当社がお客様に代行して設備認定の登録をした場合、当社に付与された登録者IDに関しては、ご提供いたしかねますため、紙(様式)で提出いただくこととなります。あらかじめご了承ください。
※これに連なる他のお客様の個人情報保護のため。

ページトップへ

接続の同意を証する書類とは何ですか?
A. 電力会社と、再生可能エネルギー電気の売買開始について同意したことを証明する書類のことです。
この書類は、電力会社ごとに異なります。
経済産業省資源エネルギー庁の公式ホームページ『なっとく!再生可能エネルギー』のページで確認ができます。 こちらでご確認ください。

ページトップへ

事業計画書を提出しなかったら、どうなりますか?
A. 事業計画の提出を受けて、改正FIT法における新認定制度の認定を受ける条件が整います。
事業計画の提出がない場合は、新認定制度における認定基準を満たさないため、認定が取り消される可能性がありますが、認定が自動的に失効することはありません。
聴聞という弁明の機会を得た上で、それでもなお提出されなかった場合に、認定が取り消されることになります。
(平成29年4月17日更新、資源エネルギー庁ホームページ「なっとく!再生可能エネルギー」の「よくある質問」より)

ページトップへ

運転開始期限とは何ですか?
A. 事業計画認定の取得後、10kW以上の設備(産業用)は3年以内、10kW未満の設備(住宅用)は1年以内に運転を開始しなければならないと定められており、その期限のことです。
なお、期限までに運転(発電)を開始しなかった場合には、下記のペナルティが発生します。
・10kW以上の設備(産業用):運転開始期限を超過した期間分、買取期間短縮。
・10kW未満の設備(住宅用):認定失効。

ページトップへ

運転開始とは何ですか?
A.
電気を売り始めることを指します。原則として、再生可能エネルギー電気の供給を開始することです。

ページトップへ

事業区域の面積とは何ですか?
A. 10kW以上の設備の場合、事業計画書の作成時に求められる項目です。再生可能エネルギー発電事業のための敷地面積を指します。
ただし、屋根・屋上に設置する場合は、屋根の面積、または建物の建築面積を記載してください。

ページトップへ

改正FIT法で、発電事業者に発生する義務は何ですか?
A. @標識(看板)の設置(20kW以上の土地設置設備のみ対象)
Aフェンスの設置(すべての土地設置設備が対象)
B保守点検の実施(すべての設備が対象)  があります。
詳しくは、こちらをご確認ください。標識・フェンス・保守点検についてのページ

ページトップへ

Copyright (c) SANIX INCORPORATED. All Rights Reserved